ミニバン専用タイヤを装着するとどんなメリットが??

タイヤの性能

みなさんこんばんは。

最近は、ミニバンといった車の形が増えてきて、久しく経ちます。
ミニバンは、定員人数が多く、普通の車よりも多く人を乗せることができたり、その広いスペースを使って、荷物をいっぱい載せることができたりと、とっても便利です。

ですが、その分車両重量が重かったり、維持費が高かったり、タイヤの消耗が早かったりと色々なデメリットもありますよね。

その中でも今回は、タイヤ、サマータイヤについてお話ししようと思います。

さて、ミニバンのタイヤで困ることといえば、大きく2つあると思います

・タイヤのショルダー摩耗(片減り)

・重心が高い分、ふらつきやすい

上記2つに困っている方が多くいらっしゃるのではないでしょうか。

 

・タイヤのショルダー摩耗(片減り)

タイヤの外側(肩側)が極暖に減ることです。
右折左折やカーブ、車線変更などハンドルを切る度に車体上部が外に振られるロールと言われる現象が起き、外側のタイヤの外肩に力が集中します。
結果としてタイヤの外肩だけに力がかかり、その部分(外肩)の溝がなくなるという傾向があります。

・重心が高い分、ふらつきやすい

ミニバンを運転したことのある方はご存知、もしくは体験済みだと思いますが、風で左右にふられ、ハンドルを取られる経験や高速道路でのレーンチェンジで、ふらつきに高速走行が相まって怖いと感じたことなど、ふらつきに危機感を抱かれたことなど、あると思います。
そんなお困りを解決してくれるのが、ミニバン専用タイヤです。

そんなミニバン専用タイヤというのは、各メーカーさんから販売されており、どのメーカーさんのミニバン専用タイヤ上記2つ

・タイヤのショルダー摩耗(片減り)
・重心が高い分、ふらつきやすい

には、対策をしておりますので、もし、店舗さんでどのメーカーさんのものを選んでもある程度は、満足いくものになる可能性が高いと思います。

ですが、その中でも有名なブランドのミニバン専用タイヤをご紹介しようと思います。

まずその前に、ミニバン専用タイヤの選び方の基本です。
ミニバン専用タイヤの選び方で大事なものは4つあります。

・片減りを抑制するタイヤを選ぶ
・ふらつきにくい・安定感のあるタイヤを選ぶ
・低燃費タイヤを選ぶ
・静粛性の高いタイヤを選ぶ

上二つは、先ほどから言っている内容ですが、下二つについても考えていきましょう。

低燃費タイヤを選ぶ

昨今、エコタイヤというものが市場に出回り始めました。
ですが、少し前のエコタイヤというのは、メーカーが「エコタイヤ」と言ったらエコタイヤという、すごく大雑把なものでした。(すごくわかりやすく説明しているつもりです)
よって、しっかりと基準を作りました。

JATMA(一般社団法人 日本自動車タイヤ協会)が策定したグレーディングシステム(等級制度)で低燃費性(転がり抵抗性能)と安全性(ウエットグリップ性能)がそれぞれの基準値をクリアしているタイヤのことを低燃費タイヤを呼ぶと定めました。

また、その基準値をクリアしているタイヤには、グレーティングシステム(等級制度)による表示をしていて、よりお客様へ適切な情報を提供できるよう、JATMA(一般社団法人日本自動車タイヤ協会)が、2010年より業界自主基準として策定しています。

静粛性の高いタイヤを選ぶ

ミニバンは、1列目・2列目の乗り心地が悪くないですが、3列目の乗りごこちが悪いことがあります。
それを軽減するために、静粛性の高いタイヤを選べば、3列目シートでも快適な乗り心地に改善される可能性があります。

メーカー パターン 適合 ラベリング
ダンロップ エナセーブRV505 ミニバン専用 AA/bc
トーヨータイヤ TRANPATH ML ミニバン専用 AA/b
ヨコハマタイヤ BluEarth RV-02 ミニバン/SUV専用タイヤ A/a

国産タイヤをお探しならタイヤフッド

ダンロップ ENASAVE RV505


より安全・快適が続くミニバン専用タイヤとなっております。
横風や積載量が多いときにもふらつきにくい安定感を求める方へ。
「低燃費」「ロングライフ」「操縦安定」の三拍子揃ったタイヤとなっております。
風や重さにふんばりが効くふらつきにくく快適なミニバン専用タイヤとなっていて、横風や道路のわだち等、不意なふらつきでも安定した走行を実現し、定員乗車時のコーナリングやレーンチェンジ後の荷重移動を“がっちり”支えます。
さらに、ミニバン特有のふらつきを抑制して、トータルライフや静粛性にも配慮した、より安全・快適が続くミニバン専用タイヤとなっております。

今年発売で、販売価格は非常に高く設定されていますが、
RV504に満足していたユーザーさんにはおすすめです。

 

トーヨータイヤ トランパス ML


ミニバンの走りに、驚きの低燃費を。というのをコンセプトに作成されたタイヤです。
こちらももちろん、低燃費タイヤとなっており、安定感と低燃費性能を兼ね備えた、ミドルクラスミニバン専用タイヤで、低燃費タイヤグレード「AA-b」を獲得したひとつ上の「しっかり」タイヤです。

超低燃費ポリマーを採用した新トレッドベース配合などで、シリーズ最高*の低燃費グレードを実現。
スーパーハイターンアップ構造とワイドトレッド化により、フラつきも抑制します。

上質で美しいスタイリッシュなパターンデザインとなっており、スタイリッシュなグルーブカットと、硬質で力強い印象を与え、最新エアロフォルム車両にもマッチします。

 

ヨコハマ ブルーアース RV02


ミニバン/SUVに求められる性能はもちろん、低燃費性能とウェット性能を両立した ミニバン/SUV専用タイヤと謳っており、サイズバリエーションも豊富なタイヤとなっております。
ヨコハマのミニバン/SUV専用タイヤ初、低燃費タイヤグレード「A/a」を獲得し、高い低燃費性能と、高いウェット性能。専用「ナノブレンドゴム」を開発したことにより、低燃費で、雨により強いタイヤができました。

さらに、優れた静粛性を実現。運転席はもちろん、3列目での会話も快適になり、音が静かで、ふらつきにくい。(ブルーアースRV-02専用「非対称」パターン)

ミニバン/SUVのために生まれた非対称パターンが、さらなる進化を遂げました。センター部は走りの安定感を高め、両側のショルダーは安定感と静粛性を高めます。家族や荷物を乗せたミニバン/SUVの重量にも対応し、偏摩耗も制御。基本性能をより長く持続させる働きもあります。

 

価格とそのパフォーマンスを比較したとき、

今一番おすすめできるミニバン向けタイヤですね。

ミニバン専用タイヤの購入を検討中の皆さん

タイヤをお安く求めたい方、【タイヤフッド】がおすすめです。

タイヤフッドでは国産タイヤを多数ご用意。

そして店頭で買うよりも断然お得な価格設定です。

ネットでタイヤを買っても取り付けが心配というお方、

【タイヤフッドなら、タイヤの取付まで予約でき、

商品は取付店へ直送、タイヤに触れることなく取り付けまで完了できます。

また、すべてのタイヤに6ヶ月間のパンク保証がついています。

是非、価格と便利さで比較してみて下さい。



 

コメント