スタッドレスタイヤが氷上で滑らない理由

タイヤの性能

雪道を運転する人なら経験したことがあるはず

雪道を運転する人なら経験したことがあるはず

雪道を運転したいと思う人は、まれだと思うのですが、運転しなきゃいけない人もいますよね。
その時に、坂を登らなかったり、タイヤが空回りして、動かないなんて経験をしたことありませんか?

あれってすごい怖いですよね。

もう後ろに誰かいたりしたら、もう最悪です。
テンパるし、焦るし、でも車は動かないし……

スタッドレスタイヤの大事さ、そして、点検等の大事さがわかります。

でも、スタッドレスタイヤってなんで止まるのか、って思ったことありませんか?
今回は、こちらについて、説明していこうと思います。

なぜ凍結した道路、冬道はすべるのか

冬道の滑りの原因は路面の氷上にできた水膜

水膜は車が氷の上を走ると車重が氷に圧力をかけ水分が溶け出すことによってできます。

0℃~-10℃で水は溶け出しやすく最も滑りやすい状態になります。

温度がさらに低い状態であれば逆に水は溶け出しにくくなります。

水以外での滑りを誘発する要素とは

温度が下がると水は溶け出しにくくなりますがゴムの性質上、低温で硬くなってしまうと滑りやすくなります。

本来、凹凸のあるゴムの表面は柔軟に路面に密着し接地面積を増やすことでグリップを維持しています。

しかし、低温時に硬化したゴムは路面に密着しにくくなってしまい接地面積の減少につながり滑りを誘発してしまうのです。

スタッドレスタイヤはなぜ雪上、氷上を走れるのか

 

スタッドレスは低温時でもゴムの柔らかさを保つこと、またトレッド面に配置されるブロックが雪を掴むことで過酷な冬道でも滑りを抑えることが可能です。

アイス路面はツルツルで平らに見えますが、表面は細かな凹凸があり柔軟に密着し接地面積を増やすことで効果を高めます。

一方の雪路では雪を踏み固め、掴み回転する間に排雪します。

硬いゴムだと雪を掴んでも放すことがスムーズに行われず、雪が溝に詰まりタイヤ表面はツルツルになってしまいます。

一連の行程の「掴む」、「放す」はゴムの柔らかさと特殊なブロックによって効率的に実現されます。

スタッドレスタイヤはサマータイヤと違い、このような特有の働きを持つので冬道にスタッドレスタイヤは欠かせないものなのです。

ここで、一例を出してみようと思います。

ブリヂストン ブリザック VRX2

ブリザック史上最高性能を実現するプレミアムテクノロジーと銘打っている、ブリヂストン ブリザック VRX2。このタイヤのゴムについてですが、

アクティブ発泡ゴム2と呼ばれるゴムで、水路の表面を親水性素材でコーティングし、

気泡の内壁に沿って水を入り込みやすくすることで、タイヤが滑る原因である路面の水膜を積極的に除去する「アクティブ発泡ゴム」がさらに進化しています。

粒径の小さいシリカと増加させた「摩擦力向上剤」の配合により、トレッドゴムが氷路面にしっかりと接地し、グリップ力を大幅に向上させました。

ですので、しっかり、水の膜を取り除くことで、接地面を確保し、グリップ力向上させているのですね。

さらに、「非対称パタン」 でしっかり止まる、曲がるができる。

「アクティブ発泡ゴム2」のグリップ力を最大限に発揮させるため、
「非対称パタン」もVRXから進化。剛性を向上させたブロックが、路面とタイヤの接地面積を最大化することで、グリップ力を向上させました。

さらに、従来より増加したラグ溝(横溝)がさまざまな冬道での“しっかり止まる、曲がる”を実現しました。

接地性を高め、グリップ力向上
トレットパターンを従来品に比べてサイプ間隔を適正化し、ブロック剛性を向上。ブロックの倒れ込みをおさえ、接地性アップさせ、Wシェイプブロックで路面を「ひっかく」「とらえる」の両機能を、バランス良く向上させました。

 

スタッドレスタイヤがなぜ止まるのか、滑らないのか。

今回は、BRIDGESTONEさんでしたが、ほかのメーカーさんも同じように開発していきながら、スタッドレスタイヤの性能アップを測っているのですね。

 

コメント