ハスラーにおすすめのスタッドレスタイヤ

車種別おすすめタイヤ

みなさん、こんばんは。

今日は、スズキ、ハスラーについて紹介していこうと思います。

スズキのハスラーといえば、アラレちゃんのCMのイメージの方も多いとおもいます。

今は、ムロツヨシですかね。「遊び心あるなぁ」でおなじみですかね?

そんな「遊べる軽!」ハスラーは、サポカーSとなっておりますし、燃費もカタログスペックで27.8km/L程度と、とても優秀です。

しかも、エクステリア・インテリアの選択にかなり自由度があるので、キャッチコピーの遊べる軽というのは間違いないお車だと思います。いま、流行りのツートンカラーもありますね。
お値段は、1,100,520円からとなっており、デザインからしても、スペックからしても、お買い得なのではないかと思います。

さて、そんなハスラーの純正タイヤサイズは一例ですが、「165/60R15」となっております。
このサイズは、個人的なイメージですと、意外とスタッドレスのラインナップが少なめで、欠品する可能性が高めな気がします。(あくまで個人的なイメージです)

ハスラーにおすすめのスタッドレスタイヤ

ダンロップ ウインターマックス 02 WM02 DUNLOP WINTER MAXX 02 WM02

凍結路面で効く、さらに効きが長もちで、そしてロングライフと3拍子そろったダンロップ史上No.1のハイスペック・スタッドレスタイヤとなっており、幅広い車種に対応しております。もちろん、ハスラー用サイズもあり。

こちらの商品は、1年目は効いて当たり前、その後の性能も持続しますとしており、経年劣化で多少の性能落ちはありますが、4年後も問題なくスタッドレスタイヤとして使えますよ。と言われており、なんで4年後も使えるのかというと、液状ファルネセンゴムというゴムを使用しており、株式会社クラレがWINTER MAXX 02用に専用設計した新素材で、ゴムと軟化剤の2面性をもち低温下での密着とゴムの柔らかさ維持に効果を発揮する。
比較的軽い(乗用車とくらべると)ハスラーは、接地面も少ないので、さらに長持ちできるのではないかとおもっております。

ちなみに、こちらのゴムが、氷上性能を長もちさせる秘密だそう。

でもいっぱい走ったら、4年も持たないでしょ?と思われる方もいると思います。まぁ、たしかに、一冬ですごい
いっぱい走ったらそれは持たないでしょうけど、他のメーカーのタイヤよりは、持つとはおもっております。

なぜなら、混ぜ物が少ない高密度ゴム採用でゴムがすり減りにくいから従来品から比べると、さらに長持ちになっております。

しかも、ダンロップさんがだしたスタッドレスの中ではナンバーワンといわれておりますので、性能も期待できます。

トーヨータイヤ ガリット G5 TOYO TIRES GARIT G5

少し前に発売されたこのトーヨータイヤのガリットG5ですが、今でもちゃんと工場で作られているので、あまりにも古い製造年のタイヤが来ることはございません。(購入店舗さん次第ということもありますので、ご注意を)

このタイヤのいいところは、安い。ということです。
もちろん、安いからと言って、効きが悪いということではありません。
新商品がでてきてるので、安くなっているということです。

このガリットG5という商品は、「ナノゲル」を配合した「吸着ナノゲルゴム」が路面の凹凸に吸着し、「竹炭」の吸水力と「鬼クルミの殻」が 路面をひっかく力をより強化させています。さらに、路面への追従性を高めるために、「360°サイプ」を採用しておりますので、路面への追従性を高めるために、六角形のサイプを大きく前後にずらすことで、中心に集中していた接地圧を均等化し、強力なグリップ力を獲得したそうです。

それこそ、スタッドレスタイヤさえも安くも済ませられるので、コスパは最強レベルです。

ブリヂストン ブリザック VRX BRIDGESTONE BLIZAK VRX

ブランド名からも、実績からも安心の、ブリヂストン(BRIDGESTONE) ブリザック VRX(BLIZAK VRX)はおすすめです。
もう数年前にでた商品で、さらに型落ち商品ではありますが、効き目は折り紙つき。

型落ち商品とはいったものの、在庫品というよりは、今年作っているものもあるので、
数年前のタイヤが来ることは、まれだったりもします。

さらに後継商品であるブリザックVRX2が出たことによって、手に取りやすい価格帯に値下げしている店舗さんもあると思われます。

たぶん、今年くらいまでかもしれませんので、有名メーカー希望で、お値段もお手頃に。とお考えのみなさまは、要チェックです!

コメント