スタッドレスタイヤは早割で買え!装着時期はいつ?

タイヤの性能

皆さん、こんばんは。

10月に入り急に寒くなってきました。冬が近づいています。
そろそろスタッドレスタイヤを装着する時期がやってきます。

スタッドレスタイヤとは何なのか?安く買う方法は?
という疑問もありますよね。そんな方にちょっとしたポイントをお教えできれば、と思っております。

●スタッドレスタイヤとは

スタッドレスタイヤとは、「スタッド=鋲(びょう)」が「レス=ない」タイヤということです。

以前は、タイヤに鋲のついたスパイクタイヤが主流でした。

しかし、道路への影響や、路面を削りながら走ることによる粉塵などから使用されなくなりました。

現在では、鋲がないスタッドレスタイヤが主流となり、様々な技術によって日々進化し、
より冬道を安全にする工夫がなされています。

●夏タイヤとスタッドレスタイヤの違い

スタッドレスタイヤと夏タイヤの大きく異なる点は「ゴムの質」です。

スタッドレスタイヤのゴムは、過酷な冬道でも性能を発揮する必要があるため、
低温域でもしなやかさを保つことができる性質を持っています。

さらに、滑りの原因となる氷上の水膜を除去するための工夫が施されています。

●なぜ凍結した道路、冬道はすべるのか

冬道の「滑り」の原因は、路面の氷上にできた水膜です。

水膜は、クルマが氷の上を走ると、車重が氷に圧力をかけ水分が溶け出すことによってできてしまいます。

0℃~-10℃で水は溶け出しやすく最も滑りやすい状態になります。

温度がさらに低い状態であれば逆に水は溶け出しにくく滑りにくくもなります。

●”水”以外での「滑り」を誘発する要素とは

温度が下がると水は溶け出しにくくなりますが、ゴムの性質上、低温で硬くなってしまうと滑りやすくなります。

本来、凹凸あるゴムの表面は、柔軟に路面に密着し接地面積を増やすことでグリップ力を維持しています。

しかし、低温時に硬化したゴムは路面に密着しにくくなってしまい接地面積の減少につながり、
「滑り」を誘発してしまいます。

●スタッドレスタイヤの寿命の見方?

カー用品店やタイヤショップに行くと「スタッドレスタイヤの寿命は3年ですね。」と言われます。

これは、一般的にスタッドレスタイヤを使う人の走行距離のの平均から出た距離と、スタッドレスタイヤの
ゴムが硬くなりスタッドレスタイヤがちゃんと機能してくれる目安がだいたい3年と言われているからです。

あまり雪の降らない関東・中部・関西などのお客様の話を聞きますと、5年位使用している方もいらっしゃいますし、
お仕事で車を使っている方は毎年交換している方もいます。

まず、スタッドレスタイヤの交換時期の目安として『タイヤの溝が、新品時の50%以下』というのを覚えておいてください。タイヤの側面には↑のマークがついていて、それを延長していったタイヤの接地面の所にプラットフォームという物がついていて減り具合を確認することが出来ますが、スタッドレスタイヤの場合だと2種類ついていたり、発見するのが難しかったりするので、誰でも簡単にスタッドレスタイヤの溝をチェックする方法を紹介します。

それは百円玉を使う方法です。新品のタイヤの溝の深さは、ほとんどが約10mmです。

百円玉のフチから「1」までが約5mmなんです。百円玉を溝に差し込んで、「1」の字が見えたら、新品のタイヤに交換するタイミングです。

もう1つの目安がゴムの硬さですが、これを図るには硬度計というものが必要になります。

硬度計は非常に値段が高いのでなかなか準備することができないと思いますので、タイヤの溝が残っていても3年を目安に交換することをお勧めします。

●スタッドレスタイヤを安く手に入れる方法

一番安く買える時期、それはズバリ・・・・『今です!!』

10月に購入すると、大体のカーショップは早割をしています。

購入が決定しているのであれば、早めの購入をおすすめします。また早期予約のメリットは品揃えが豊富な事です。

11月、12月になると人気のタイヤ、特殊なタイヤはすぐに品切れになってしまいます。

雪が降ってからではなく、少し余裕を持ってスタッドレスタイヤの購入を検討しましょう。

●履き替えのタイミング

スタッドレスタイヤに履き替えるタイミングは住んでいる地域によって異なります。

初雪が降った日のカーショップやスタンドは朝から激混みで何時間待ちは当たり前!

皆さんはこんな経験をしたことはないでしょうか?

混雑を避けたいという方は週間天気予報を見て雪が降りそうだと判断した週末にでも交換することをおすすめします。

新品のスタッドレスタイヤには馴らし期間というものがあり100キロ位走行してタイヤの表面のゴムを使ってあげないと本来の性能が引き出せません。

最近のスタッドレスタイヤは最初から利きがいいように加工してありますが、
それでも馴らし走行をしておくにこしたことはありません。

冬タイヤが磨り減るのがもったいないといって雪が降るギリギリまで我慢しないで早めに交換しましょう。

コメント